最新情報!
一般的にセラミックスによる審美治療は、その治療費用を心配される方も多いようです。
当院では、患者様の様々なご要望にお答えするため、ジルコニアセラミックスとかわらない美しさを持つ、『インセラムジルコニア』での治療も行っております。
ご興味のある方はぜひ一度お問合せ下さい。

歯科治療では、ムシ歯の治療で削った部分を埋めたり、抜けたり抜いたりした歯の代用として前後の歯を使ったブリッジ治療などに、被せ物を使用することが多くあります。

歯科医院でムシ歯の治療を行う際に「保険で行いますか?それとも自費で行いますか?」と聞かれた方が少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。
それは被せ物の種類によって、保険が適用できるかどうかが決まるからです。

審美歯科治療では、治療が終わった後の見た目の美しさも考慮に入れた治療を行うため、詰め物に金属ではなく、白いセラミックを使うことが多くあります。

セラミックにも様々な種類がありますが、近頃注目を浴びているのが「ジルコニアセラミックス」です。

宝飾業界ではダイヤモンドの代用石として使われるほどの鉱石で、従来使われてきたセラミックスに比べて圧倒的に強度がある素材です。またセラミックスですので、金属アレルギーの方にも安心して使用していただけます。耐熱性もあることから、スペースシャトルの外壁にも使用されています。

例えば歯を完全に覆う被せ物(クラウン)を作る場合、従来のセラミックスではまず金属で土台を作り、その上にセラミックスを徐々に盛り上げて行く方法で作られます。従来のセラミックスは強度が弱いため、欠けてしまったり、欠けた部分の土台の金属が見えてしまったりすることがありました。
また治療後時間が経過し歯肉が後退した場合に、歯肉とクラウンの境目に金属の黒いライン出現してしまうこともあります。

ジルコニアセラミックスでのクラウンは、塊のジルコニアから削り出して作られます。強度が高いため金属の土台を使う必要がなく、欠けたり歯肉が後退したとしても、黒い土台が出現することはありません。また変色も少なく透明度も高いため、より天然歯に近い見た目に近づけることができます。

※ジルコニアセラミックスによる治療は保険が適用できません。


・通常のオールセラミックより変色が少なく透明度が高い
・金属よりも硬くて丈夫
・金属を使用しないので、金属アレルギーの方でも使用可能
・通常のセラミック処置より歯を削らずにすむ場合ある
・強度が高いため、奥歯やブリッジにも使用が可能